2010年05月31日

<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)

 24日午後4時5分ごろ、愛知県一宮市浅井町東浅井の駐車場で、清涼飲料水の自動販売機横にあるごみ箱が突然爆発した。ごみ箱はプラスチック製で、底は縦約40センチ、横約30センチ。上部が粉々に壊れ、中の空き缶やペットボトルなどが周辺20メートルの範囲に飛び散った。けが人や建物への被害はなかった。

 県警一宮署は何が爆発したのか詳しく調べるとともに、器物損壊などの容疑で捜査している。現場は住宅街。【山口知】

【関連ニュース】
沖縄コカ・コーラ:県産ミカン入り炭酸飲料2商品を発売
野球:JFBL スリーアローズの運営会社、スポンサー11社に /三重
いわて経済:県産ヤマブドウで清涼飲料水新商品−−山崎製パン /岩手
山陰海岸ジオパーク:ジュース飲んで支援、新温泉に自販機 売上額5%を寄付 /兵庫
南アW杯:本田、CM“キング”襲名へ 問い合わせ殺到

内閣不信任案、28日以降に判断=自民・大島氏(時事通信)
北朝鮮へ不正輸出容疑=古物販売会社を捜索―鳥取県警(時事通信)
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定(産経新聞)
参院選、新党改革を支援=鳩山邦氏(時事通信)
<わいせつ>逮捕の警部補、捜査資料を悪用か 新潟(毎日新聞)
posted by アダチ コウジ at 18:40| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

園児の習い事、40代ママは教育熱心!?(産経新聞)

 園児ママにとって、不況で世帯収入が減っても削りたくないのが“教育費”。園児の習い事の数と月謝は、ここ数年増加傾向でしたが、昨年度、初めて若干減少に転じました。

 園児の習い事の平均の数は1.4個。ママの年代別に見ると、40代ママは平均1.5個、20代ママは平均1.0個の習い事をさせています。一方、習い事をさせていないママの割合は20代が38.1%に対し、40代は25.0%でした。

 園児の習い事にかける月謝の平均額を見ると、40代ママは7694円、20代ママは6465円で1229円の差。40代ママは20代ママより世帯収入や育児などの面で余裕があるせいか、園児の習い事に熱心なのかも。「ピアノ教室は5つ見学してから選んだ」(東京都・40歳)、「駐車場の有無や送迎バスの有無なども吟味した」(神奈川県・42歳)など、40代ママは慎重に習い事を選んでいるようです。

 園児とママの情報誌「あんふぁん」読者に昨年8月実施。有効回答数526。

【関連記事】
子供の教育活動いくら払う? 習いごと、格差3倍
「子供フィットネス」が盛況 ダンス、サッカー…キャンセル待ちも
「子ども手当、貯蓄に」 支給対象世帯の7割
いっそ学校は昼まで…塾通いに補助を
「小学六年生」最終号 趣味の多様化・男女差に苦労
少子化を止めろ!

DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ(医療介護CBニュース)
<京都夫婦殺害>失跡の娘巡り口論 容疑の娘婿逮捕(毎日新聞)
キトラ「朱雀」あすから初公開 四神が初そろい踏み(産経新聞)
「矢臼別で訓練やっていい」普天間問題で宗男氏(読売新聞)
採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論(時事通信)
posted by アダチ コウジ at 11:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

新発売や販売一本化などで売上高14%増―鳥居薬品(医療介護CBニュース)

 鳥居薬品はこのほど、今年3月期(昨年度)決算を発表した。昨年3月から販売を開始した経口そう痒症改善剤レミッチカプセルが寄与したことや、大鵬薬品工業と共同販売していた制吐剤セロトーンの販売が鳥居薬品に一本化されたことなどから、売上高は前期比13.6%増の424億円となった。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 主要製品を見ると、患者数の増加などにより、抗HIV薬ツルバダ配合錠の売り上げが61億円(41.6%増)と大幅に伸長した。一方、最主力品の蛋白分解酵素阻害剤注射用フサンは、後発医薬品の使用促進策の影響から79億円(14.9%減)だった。

 利益面は、営業利益61億円(25.0%増)、経常利益64億円(21.2%増)、純利益36億円(4.8%増)。
 来年3月期(今年度)の業績見通しは、売上高が438億円(3.3%増)。一方、利益面では、親会社の日本たばこ産業(JT)と共同開発している高リン血症治療薬JTT-751のフェーズ3試験への移行などにより、研究開発費を32億円(96.8%増)と見込んでいることから、営業利益40億円(34.7%減)、経常利益42億円(34.1%減)、純利益22億円(39.6%減)としている。鳥居薬品では、今年4月の薬価改定や後発品の使用促進の影響などから、「さらに厳しい状況になる」と予想しながらも、HIV領域、腎・透析領域の育成や、領域別・製品別プロモーションの徹底などによる既存製品のシェアの維持・拡大に努めるとしている。

■中期経営計画を発表
 また、同社は今年度を起点とする3か年の中期経営計画「PLAN鳥居2012」を発表した。同計画によると、HIV領域は約70億円、腎・透析領域は約45億円の現状の売り上げに対して、2012年度の売り上げ目標をそれぞれ130億円、120億円に設定し、全体では過去最高の売り上げ500億円を目指すとした。
 さらに、この2領域と皮膚疾患領域をターゲットに、単品ではなく複数品目で将来的に売上高100億円以上を見込める新規販売品・開発品の獲得も目標に掲げた。


【関連記事】
スギ花粉症ワクチンの共同研究に着手―理研と鳥居薬品
スギ花粉症の舌下減感作治療薬の開発準備を開始へ―鳥居薬品
血液透析患者の経口掻痒症改善剤
ネスプ/エスポーが10%台の増収―協和発酵キリン
タミフル半減で国内売上高9%減―中外

富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑−大阪府警(時事通信)
台所に男性遺体 殺人容疑で捜査(産経新聞)
<桜島>爆発500回目 7カ月早く(毎日新聞)
<人事>最高裁(6日)(毎日新聞)
TBS社員装った男を逮捕 HP開設料名目で現金詐取(産経新聞)
posted by アダチ コウジ at 13:56| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。