2010年03月09日

チリ大地震、震源近くの邦人32人の無事確認(読売新聞)

 岡田外相は2日午後の記者会見で、チリで発生した大地震の震源に近いコンセプシオンに滞在していたとみられる在留邦人33人のうち、32人の安全が確認されたと発表した。

 外務省によると、残る1人は男性の永住者で、被害に遭ったとの情報は入っていないという。一方、政府は2日、国際緊急援助隊医療チームの追加派遣を中止した。チリ側から「必要がない」として派遣を見合わせるよう要請があったとしている。

徳之島で移設反対集会、町長が声明読み上げ(読売新聞)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
日米で食い違うグアムの位置づけ 同盟どう深化させるかが課題(産経新聞)
政治団体の不動産保有、陸山会突出…9億円超(読売新聞)
衰弱死の4歳児、児童相談所が強制保護断念(読売新聞)
posted by アダチ コウジ at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。